悩める不眠症の改善もスムーズに出来る!|怖い症状知らず健康体

女性

怖い腸の状態

腸閉塞の症状等について

医者

腸閉塞とは、食べ物や消化液といった内容物が小腸や大腸で詰まってしまった状態の事を言います。イレウスという名前で呼ばれる場合もあります。 私達の体は口から食物を摂取すると、胃や小腸、大腸を経由して消化や吸収が行なわれます。消化を主に担当するのが胃、吸収を主に担当するのが小腸や大腸です。この一連の流れが小腸や大腸で滞ってしまうのが腸閉塞なのです。 腸閉塞が起こると腸が膨張してきます。そのためお腹が張る事による腹痛や、腸の内容物の逆流による吐き気や嘔吐といった症状が見られるようになります。これらの症状が起きる事が、腸閉塞の一番の特徴です。 腸閉塞はとても一般的な病気の一つなのですが、症状がひどくなると顔面蒼白やショック状態になる事もあります。

治療方法や注意点等について

腸閉塞の治療方法としては、だいたいの場合は保存療法で改善します。食事や飲水を中止して、腸を休ませるのが一番効果的なのです。また、お腹の張りがひどい場合は、鼻から管を挿入して腸の中にある内容物を吸い上げるといった処置が行なわれます。 ただ、腸閉塞の原因が絞扼性と呼ばれる腸の捻じれにある場合には、手術が必要になります。早めに手術を行なわないと、命に関わる場合もあるので注意が必要です。 腸閉塞の注意点としては、症状が出たら素早く病院を受診する事が挙げられます。腸閉塞は自然に治る可能性のない病気です。しかも、原因によっては命に関わる恐れもあります。いつもとは違う腹痛や吐き気等が出た場合には、躊躇する事なく速やかに病院に行く事が大切です。