悩める不眠症の改善もスムーズに出来る!|怖い症状知らず健康体

女性

症状改善の方法

腸閉塞の症状と治療

病院

腸閉塞という病気があります。その症状は痛みで、急激に襲ってくることが多く突発的な腹痛が特徴です。疝痛という種類の痛みで、よく「さすような痛み」と表現されます。 腸閉塞になったら当然医療機関のお世話になりますが、腸が原因ということで絶飲食が求められ、そういう意味では腸閉塞は過酷な病気です。 腸閉塞の治療は主に二種類あります。一つは開腹手術、もう一つが吸引チューブ(イレウス管)によるものです。いずれも専門の医療機関で処置してもらう必要があります。イレウス管を挿入して経過観察でき、それで快方に向かう場合もありますが、それで治らない場合は開腹手術をすることになります。その経過観察期間の目安は約二週間と言われています。この間も絶飲食は続き、点滴によって栄養を摂取することになります。

腸閉塞の治療法はどのようなものがあるか

腸閉塞は、放っておくと最悪の場合には死に至る危険な疾患なので、しっかりと治療していきたいものです。そんな腸閉塞の治療法は2つに大別されるでしょう。 1つ目の治療法は、保存療法といわれるものです。これは、手術を行うのではなく口や鼻から細い管を腸閉塞が発生している場所まで挿入していき、腸内に溜まっている水分やガスなどを排出する治療法です。この細い管を挿入することで、調のねじれなどを改善する効果があります。 2つ目は手術です。保存療法を駆使しても改善がみられない場合には手術に踏み切ることが多いです。手術の際には、腸内のねじれや折れ曲がった部分を修正するために、腸管の一部を切除することがあります。しかし、手術をすることによって、腸閉塞の症状がかなりの確率で回復してきます。手術では、開腹手術の他に、内視鏡手術で行うこともあります。