悩める不眠症の改善もスムーズに出来る!|怖い症状知らず健康体

boy

症状改善の方法

病院

腸閉塞を治療して症状改善を図る方法としては、大きく分けて二種類の方法があります。ひとつは、腹部に直接施術する開腹手術、もうひとつは、イレウス管と呼ばれる吸引チューブを利用する方法です。

Read More...

怖い腸の状態

医者

食事を蓄えて消化する為の臓器である腸ですが、腸閉塞という病気があります。腸閉塞は胃が膨張して吐き気や腹痛と言った症状が見られる様になります。症状が酷くなってしまうと大変なことになってしまいます。

Read More...

Associated Link

  • 産業医紹介センター

    働いてくれてる社員の心の不調にすぐ気付くために、産業医紹介サイトを使って、会社の営業形態に沿った契約をしてくれる医師を見つけよう。
  • みのクリニック

    簡単に通うことができるので、岡山で心療内科を利用したいと感じているなら先生に相談してみるといいでしょう。

腸閉塞の原因と治療

看護師

腸閉塞は腸の中が詰まる場合と、腸そのものが捻じれて通り道を塞ぐ場合の2種類あります。どちらも治療法は同じですが、まずは鼻から管を通して様子を見て、それで改善がなければ手術をすることになります。腸閉塞の原因は人によって違いますが、突然お腹に激痛を感じたらすぐに病院にかかることが大切です

Read More...

眠れなくなる症状

珍しい病気ではなくなった不眠症

女性

今の日本において、不眠症は珍しい病気ではなくなりました。 実に国民の5人に1人が、夜うまく眠ることができない、と不眠を訴えているといわれています。この原因としては、日常生活における身体的・精神的な不調、服用している薬の副次的にもたらされる症状、生活環境などがあげられており、個々人のケースにより多岐に渡ります。 そのため、不眠症の改善にあたってはまず、どうして眠れないのか、という原因を明らかにした上で、症状の改善に努めていくという動きが重要になってくるのです。それとともに、眠れる環境づくりを行っていくとより効果を導きだすことができるでしょう。 一般的にいわれる睡眠環境の改善方法としてまずは、一定の生活リズムを保つ、ということがあげられます。これは起床時間・睡眠時間を毎日同じくらいの時刻に調えることで、身体のリズムを整える効果を期待することができます。人間の体内にも時計のような感覚が備わっており、この「体内時計」の狂いが不眠症の遠因となっている場合も少なくありませんので、規則正しい生活を送るというスタンスは、不眠症の改善を考えるにあたって、一番基礎的なことであるといえるでしょう。

より眠れる環境を導き出すためには睡眠薬も有効

また、ストレスを覚えているのであれば、その改善に努めることがまず第一です。仕事を変えてみる、友達や家族に相談してみる、あるいは専門の医師にかかるなど、悩みを抱える現状を打破するための行動をなにか起こしてみましょう。眠りは心が落ち着かなければなかなかやってきてくれません。まずは心のケアを考えてみましょう。 そしてストレスよりも他に不眠症の原因があるのでは、と考えるのでしたら、寝る一時間前に入浴してリラックスする、眠る直前までテレビや携帯電話の画面を見ないようにする、といった心が安らぐ時間を寝床に入るまえに作り出すことも不眠症の改善の為に役にたつ対処法です。 それでもなかなか眠れないときには、睡眠薬の力も借りてみましょう。 睡眠薬、と聞くとどうしても強い薬であるというイメージを強く抱かれがちですが、医師が処方した睡眠薬を適切な量と方法で服用すれば、何の問題もありません。それに頼り切るのは問題となりますが、眠りの為のサポート役として使うのなら、強い味方となる存在です。ただしくれぐれも適量以上に飲むことなく、そして薬だけに頼らないように心がけることはもちろん大切なことです。